肌のターンオーバーとは?

人間の細胞は常に生まれ変わっています。
それは肌細胞も同じで常に健康な肌を保つために生まれ変わっています。
表皮細胞は上から角質層、顆粒層、有棘層、基底層と4つの細胞で構成されていて、この一番下にある基底層で新しい細胞が生まれます。

 

その細胞が徐々に上に上がって行き約14日間角質層に留まった後、垢となって剥がれ落ち、排出されます。
これが肌のターンオーバーです。

 

この肌のターンオーバーは平均28日間のサイクルで繰り返されます。
表皮が乾燥や摩擦、紫外線を受けてダメージを受けても、このターンオーバーによって細胞が絶えず入れ替わっているため肌は健康な状態を取り戻すことができるのです。

 

ターンオーバーのサイクルは平均28日といわれていますが、個人差もあります。
また年齢とともに代謝が落ちることとでターンオーバーのサイクルは長くなり、40代では40日かかるとも言われています。
年齢とともにシミができやすくなったり傷の治りが遅くなったりするのはそのためです。
虫刺されなどで色素沈着が起きやすくなるのももターンオーバーが遅くなっていることが原因といえます。

 

逆に傷ついた肌を早く治そうとする力が働いてターンオーバーが早くなりすぎて皮がむけたりすることも。
このように肌のターンオーバーは早くても遅くてもデメリットがあるため健康な美肌を保つためにはターンオーバーのサイクルを一定に保つことが大切です。
そしてそのためには日々のていねいなお手入れ、紫外線ケア、睡眠や食生活などに気をつけて生活することが美肌をキープする秘訣です。